FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.20

遂に購入。

先日から悩みに悩んでいたビデオカメラ、今日ヤマダ電気で買っちゃった。
最終的にSONY製のHDV-HC3に決定。
値段は支払金額134,580円。
※ただし下記別商品代含む。
・電子レンジ(4万位)
・乾電池単3 10本(900円)
・乾電池単1 4本(400円)
・アルミ製キャリングケース(6,000円)
・IEEE1394ケーブル(1,200円)
・DVテープ 2本(1,200円)

こうなってしまうとカメラ単体の値段がいくらなのか分からなくなってしまうが、表示価格は110,000円だったので、限りなくネット価格には近づけたんじゃないかと満足している。
当初、乾電池だけを買うつもりが気がついたら大人買いしていた。

肝心なビデオの方はというと、まず操作性はは直感的で特に説明書が無くても撮る、見る、写す事が出来た。
意外にも購入ポイントのはずの液晶タッチパネルは使用頻度が少ないことに気づく。設定時や再生時のテープ操作などはタッチパネルを利用するが、撮影時にタッチパネルをさわるという行為は思ったより至難な技なのだ。(三脚などで固定していれば別だが)とにかくパネル操作をする瞬間必ずカメラがぶれる。これは、少しコツが必要かもしれない。
さて、肝心な画質の方はやっぱり綺麗。
というよりも出力側のTVの性能が追いついていない・・・が、それも分かっていたこと。
今のフルスペックが何年か後には当たり前になっているはず。

それよりも今回の買い物で一番気に入ったのはアルミ製のキャリングケースかもしれない。
いわゆる写真屋さんが持っているようなケースのコンパクト版みたいな感じ。
これに一眼レフカメラとビデオカメラ、デジカメ、フィルム、各種ケーブルが納められる。

あとは嫁さんが新しいオーブンレンジで美味しいメシ作ってくれることに期待しよう。


スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://matakachi.blog55.fc2.com/tb.php/74-83cec4c0
この記事へのトラックバック
Inc.)は、アメリカに本部を持つ電気工学|電気・電子工学|電子技術の学会である。非営利の専門機関であり、この種の団体ではアメリカ合衆国|米国最大である。
| カテゴリとしてはエレクトロニクス at 2007.08.06 14:29
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。