FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.17

TOYOTA  iQ

1001big.jpg

良くも悪くもトヨタ車っぽくなってしまった。

トヨタの8割主義とは正にこの事。

日本国内でも、おばちゃん、お姉ちゃん達の足として、そこそこ売れるでしょう。

でも、僕は醒めてしまった。

コンセプトモデル見たときは、今のトヨタならこのまま行ってくれる!

という、期待とワクワク感があったが、やっぱり普通にまとめて来てしまった。

全長が短いだけのパッソ。

ますますSmartに愛着が沸いてきた。

スポンサーサイト

Posted at 00:26 | | COM(0) | TB(0) |
2007.03.24

FIAT500

決めた!



Posted at 23:04 | | COM(0) | TB(0) |
2007.02.08

cars

僕にとって「車」とは、第一に道具である。
人を運ぶ道具、モノを運ぶ道具、仕事のための道具。そして見栄を張る道具でもある。
車を選ぶとき何を求めているかによって車選びが変わってくる。
若い頃であれば、速い車、デカイ車などに憧れていた。ところが若い頃は当然お金もなく、雑誌を見ては妄想を膨らませ友人とあーでもないこーでもないと語り合って気を紛らせるしかなかった。
しかも僕の場合同年代の子たちよりも更に状況が悪かったので(車の免許すら持っていなかった)常に他人を羨むようになってしまっていたような気がする。
だから車選びで一番気にする所は実は見栄の部分だったりする。
かといってメチャクチャ高い金額は出せないし、嫁さんの意見も尊重しなければいけない。車体の大きさや燃費だって気になる。
経済性だけを重視するなら軽バンで充分だ。そこに物理的な実用性(箱としての大きさ)を付け加えるならノアやセレナ、ステップワゴンでなんら問題ない。いや、むしろ買い換える必要すらない。
現所有のステップワゴンは5年で85,000キロ走った。擦り傷、小さな凹みサイドスカート損傷など外観上の問題は多々あるが、道具としては優秀で故障はゼロ。
では、なぜ買い換えるのか「見栄」である。
多分、それ以外の何者でも無いと思う。

ミニバン+サイズ+燃費+スタイル×車格=えすちま
という計算式が出来上がる。
ここで車格とは言うまでもなく「見栄」の部分。
車歴


  1. HONDA  VT-Z・・・・・・・・・姉から10万で譲り受ける。

  2. HONDA CB-400F・・・・・・・兄から譲り受ける・今思えばクラシックバイク。

  3. HONDA Steed400・・・・・・・初めて自分で購入したバイク。

  4. 日産ブルーバード・・・・・・・・浜松にて初めての車、10万。パワーウィンドウに感激。

  5. スズキ ジムニー1300・・・・・・浜松在住時、海に山に大活躍。30万。

  6. シボレーカマロ・・・・・・・・・東京在住時、数ヶ月で事故。廃車。120万。

  7. HONDA CB-R400・・・・・・・横浜在住時、バイク便の友人から5万で譲り受ける。

  8. スズキ アルト カーゴ・・・・・地元へ戻る。友人から10万で譲り受ける。

  9. ホンダ レジェンドクーペ・・・・100万。高校の頃、憧れの車。

  10. ホンダ ステップワゴン・・・・・生涯最初の新車。

  11. MCC スマート・・・・・・・・・今でも現役。今後も乗りつぶす予定。



Posted at 10:26 | | COM(0) | TB(0) |
2006.10.08

日本GP アロンソ優勝!



日本GP決勝:アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転! ミハエルはリタイヤ


37周目、ミハエルもピットイン。左近は先ほど2回目のピットストップをしたばかりだが、すぐにもう一度ピットに入る。給油のトラブルか。
ここでミハエルの車から白煙!! ミハエルはそのままリタイア。アロンソは現在トップを走行中! ミハエルはライバルアロンソの目の前でリタイアするという結果に終わった。

Posted at 16:03 | | COM(0) | TB(0) |
2006.10.07

Grand Prix of 日本 - 8 10 2006 - 公式予選


いよいよF1日本グランプリ開催!
今時点で予選が終わりF.マッサがポールポジション、2位にはM.シューマッハがつけている。
Grand Prix of 日本 - 8 10 2006 - 公式予選
今回の鈴鹿GPはいろいろな意味で見る価値がある。本当なら現地に行きたいところだけど・・昨日の晩出発した友達が羨ましい。
アロンソVSシューマッハ
お互い116Pで鈴鹿入り
世代交代というひとつの節目。
シューマッハ引退、鈴鹿ラストラン
鈴鹿サーキットでのF1開催20年目にして休止
などなど、明日8日14時からの決勝は要チェック!

Posted at 17:36 | | COM(0) | TB(0) |
2006.09.27

Renault Twingo

Renault Twingo(ルノートゥウィンゴ)という車がある。この車、当時の小型車としては革新的でクラッチレスのマニュアルシフトだったような記憶がある。つまり機械的にクラッチを制御しているのだ。(ちなみにスマートも同じ)
誕生が1993年と10年以上前の車のうえいわゆるセカンドカーもしくはママ車なので、最近はあまり見かけないかもしれない。排気量は1.1~1.2Lで、あえてライバルをあげるとすればトヨタ・パッソ、プジョー107、そしてスマート・フォーツーといったところだろう。そのTwingoがついに2代目に進化を遂げるようなので注目してみた。
昨今、地球環境問題等で小型車(Aセグメント)へのニーズが高まってきているなかで各メーカーから魅力的な車が数多く誕生、復活、モデルチェンジしてくるようなので、小型車好きにとっては楽しみ。

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/fotoshows/renault_twingo_concept.126365.htm

http://www.mondial-automobile.com/index.htm

Posted at 23:58 | | COM(0) | TB(0) |
2006.08.21

トヨタ・カローラ

トヨタ自動車は21日、主力車「カローラ」の累計販売台数が今年3000万台を突破したというニュースがあった。世界累計販売台数の約6割を海外が占める。カローラは今年で発売40年目で、現行モデルは9代目。カローラはこれまで世界140以上の国・地域で販売してきた。また、今秋には10代目にモデルチェンジを果たすらしい。
トヨタカローラといえばトヨタだけでなく日本の大衆車の代表作だろう。カローラに乗ったことのない人はいないのでは?と思うくらい活躍していますね。
40周年記念、初代カローラCM


とっても細かいことだけど、いつの間にかYouTubeのインターフェースが少し変わったみたい。

Posted at 22:19 | | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。